2021年12月28日

深松俊平選手現役引退のお知らせ

 

この度、深松俊平選手が2021シーズンをもって現役引退することとなりましたのでお知らせいたします。

 

No.6深松俊平 選手よりコメント


 

アイデンティみらいに関わる皆様、今シーズンもクラブへの熱い応援・サポート、そして共に闘って頂き有難う御座いました。

この度、6年在籍させて頂いたクラブを離れ、また現役選手を引退する事を決めました。

 

大学を卒業してからブリオベッカ浦安、アイデンティみらいで選手としてプレーさせて頂き有難う御座いました。

サッカーを通してチームメイトや多くの方々と出会うことができ、そこでの経験や学び、多くの愛情を頂きながらここまでサッカーをやらせて頂きました。

サッカーを始めずっと見守ってくれていた家族、これまでに出会った全ての皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。 

 

引退の決断については、まだまだ一緒にやっていきたい氣持ちはありますが、今後の選手として自分の中での基準や完全に戻せなかった足で今以上のパフォーマンスを発揮できない。このままプレーするのは失礼だと考えました。

今シーズン最高の仲間と最後まで本気でサッカーやりきったからこそ最後は引退を決断しました。

 

このクラブでは、273JAPANでほぼ毎日一緒にいる兄貴同然の智也くんがいて、身体は張らないけどいつも一緒にいてくれる和希がいて、7年もずっと一緒にプレーしてる相思相愛の大雅くんがいて、2シーズン目になる時には選手1桁しか残らない中、坂さん、佑真くんと話し合いの中で「頼む!お前だけは残ってくれ。」と熱く半泣き?の佑真くんの言葉から3人で頑張って引っ張ろう。と話して親友認定してもらえた事、高校時1年と3年の関係のオグくん、今橋くんと高校よりも一緒にプレーできて距離を少し勝手に縮めさせてもらった事、氣持ちを汲み取ってくれるし、一緒に佑真くんをイジってくれる誠也くんがいて、一緒にふざけてくれる翔平さんがいて、サッカーの話だけは会話してくれる郡さんがいて、俺がボケるのを欲して笑ってくれる今井と正之介がいて、

プロテインの話だけしてくれて後は流してくる瑛士がいて、

毎回自主トレ付き合ってくれて営業の意志を継いでくれた?田中がいて

イタズラしてきたり、ボール回し付き合ってくれたり、準備をやってくれたり、サッカーに対して想いを持ってるフレッシュな若手選手達がいて

今まで共に闘ってもらったチームメイトの人達が多くいて

いつも笑顔で接してくれて常に味方でいてくれたスタッフの皆さんがいて

こんなにも最高の仲間と一緒に本氣でサッカーできた事はサッカー人として本当に最高に幸せでした。素敵な日々をを有難う御座いました。

 

 

アイデンティみらいに関わる皆様、去る身であり、おこがましいですが、未来あるクラブと最高の選手達、可能性豊かな子供達の為に引き続き熱い応援・サポート、そして来シーズンも一緒に闘って頂けたら幸いです。

 

これからのクラブの発展、選手・子供達の成長、活躍を心から全力で応援しています!

6年間大変お世話になりました。

またどこかでお会いできる日を楽しみにしています!

 

 

No,6 深松俊平